不安をやる気に変える方法

本日は不安をやる気に変える方法を紹介します。

受験やテストが近づくにつれて不安になることはありますよね。
合格できるのであろうか?
良い点数が取れるかな?
無理じゃないだろうか?
失敗するのでは?
とすごく憂うつな気持ちがこみ上げることがありますよね。

ただ知ってもらいたいことがあります。
憂うつな気持ちになったからといって、いけないことではありません。
憂うつな気分は脳から出ている信号なのです。
どういう信号かというと、
目標があいまいになってるから何をしたいのかきちんと確認してくださいね。
という信号です。
憂うつになっていることを認めた上で、この信号に応えましょう。

自分にできないと決めつける前に、
まず自分が目標にしている点数と勉強の進行状況を再確認します。
わからない問題や不明なことはノートに書き出したり、
プリントにチェックをして先生に質問をして確かめる。

次に、イメージ・トレーニングです。
二つのイメージをします。

一つは、テストが全てうまくいった自分をイメージしましょう。
どんな風に勉強し、どんな結果を出しているでしょうか。

例えば、親や友達、学校や塾の先生たちの顔を思い浮かべてみる。
みんな自分と一緒に喜んでくれている。
学校の先生にも「今回めっちゃ伸びたなー。これからも頑張ろう!」って言われる。
自分も褒められたことによって今まで以上にやる気を出している。
このようなプラスのイメージをしてください。

もう一つは、うまくいかなかった自分をイメージしましょう。
現実的に起こりうる悪いことをしっかり描いてみるのです。
失敗したら大変と思っている失敗とは、いったいどんなものか。

今までで一番最低な点数?
わかっているのにミスばかりしている点数?
わからない問題に固執して時間が足りなくなった?
自分が勉強したものと全然違うテスト内容だった?

このように「失敗」の程度を現実的に考えられたら、
その失敗やミスに対処している自分や、ミスから学んで次のテストや課題に生かしていく自分をイメージします。

この作業をやってみると、考えられるミスは何か、それを防ぐためには何が必要か、
もしも途中で困難に突き当たったときはどんな対処が可能か、誰に助けを求めるべきか、見えてくるはずです。

つまりはあなたが今やるべきことがわかるのです。
そして失敗を恐れることなく、具体的な準備にかかろうという気持ちになってきます。
こうして、意識が目標によって働き始めるのです。
不安な気持ちをプラスの力に変えましょう。

Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅲ
楽天_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅲ