中学生 新学年の心得

本日は新学年の心得について解説します。

4月は新しいスタートの季節です。

新しい学年・クラスで新たな生活が始まります。

そこで気持ちも新たに新学期を迎えるためにはどのような心構えでのぞめばいいでしょうか。

最低限のポイントを5つに分けてお話します。

 

①提出物

まずは春休みの宿題をきちんと仕上げて、提出することです。

新学期の最初の提出物で出遅れないようにしましょう。

ただ出せばいいわけではありません。

中身が伴っていないと実力差に繋がります。

提出物という考え方ではなく、きちんと仕上げることで実力アップにも繋げましょう。

提出物は評定に影響する大事な要素の一つです。

 

②新たな気持ちで

新学年になると、勉強する単元も新たなスタートになります。

今までの自分を勝手に評価せずに新たな気持ちでのぞみましょう。

例えば、数学においては計算単元に戻ります。

図形が苦手、証明が苦手だった生徒ももう一度『できる』感覚を取り戻せるチャンスです。

今までの点数などにとらわれず、授業を受けるようにしてください。

生まれ変われるチャンスですよ。

 

③中間テストを第一目標に

新学年での最初の目標を中間テストに定めましょう。

大抵の場合は5月の中旬に実施される場合が多いので、

新学年内容の復習に努めて好結果を目指しましょう。

新学年での一回目のテストで高得点を取れると、

自分の気持ちも乗ってきて次も頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

授業中に習ったことは必ず復習しましょう。

中学校生活において基本的に予習は必要ありません。

その分復習だけに力を注いでください。

 

④学校の授業の受け方

授業を受ける際に注意することがあります。

自分から前向きに参加することです。

ただ話を右から左に聞き流しているだけではいけません。

ただノートを書き写しているだけではいけません。

それは授業を受けているとは言いません。

その場にいるだけです。

おしゃべりしてないし、寝てないし、ノートも書いてるから大丈夫と思わないでください。

 

⑤体調管理

新たなクラスで新たな生活がスタートすると、自分が思っている以上に精神的に疲労するものです。

環境に慣れるまでは、知らないうちに気を張っていたりするものです。

精神的な負担が増すと体調を崩しやすくなります。

悩みや相談事は溜め込まずに親や友人や教師に話しましょう。

ただ話すだけで少し楽になるものですよ。

 

 

 

Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅲ
楽天_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅲ