中学生 英語ができない、苦手な原因①

中学生 英語ができない、苦手な原因について

よく中学生の保護者から「うちの子英語ができなくて。」という相談を受けます。
英語ができないという子をたくさん指導してきた経験から、
英語が苦手な子には大抵の場合同じ傾向が当てはまるのです。

本日は英語が苦手な生徒にスポットを当ててお話します。

英語ができない生徒の原因として大きく2つに分かれます。

1、単語を覚えていない
2、文の構造、仕組みを理解していない

今日は以上2つの大きな原因のうち
1、単語を覚えていないについて解説します。

英語ができない、苦手だと感じている生徒のほとんどが単語をサボりだしたことが原因です。
「中学1年生の1学期は点数が取れていたのにだんだん点数が落ちてきて。。。」という相談が多いです。
その子たちを見ていく中で、文章の組み立てを理解していないこと以上に単語を覚えていないことが目立ちます。

弊塾でもよくある事例が、
中学2年生になって塾に来る生徒の英語の苦手意識が高すぎることです。

授業を受けるにあたって面談を行うと、
「1年生の英語がわかりません。」という生徒の割合が高いです。
その生徒の大半は英語の文章の作り方は理解しているが、
単語を覚えていないことが非常に多いです。
そして、単語を覚えていないからテストの点数もどんどん下がり、
勝手に英語は苦手教科だと決めつけ、
余計に英語の勉強時間が少なくなるという負のスパイラルに陥っているのだと思います。
もうそこまでいくとよっぽど強い意志か、環境の変化を求めない限り、
自分ひとりではどうすることもできなくなってしまいます。

英語での単語力はスポーツでいうところの体力にあたります。
体力は人から教わったりするものでもないし、
何もしなくてつくものではありません。
自分自身で努力することでしか力はつきません。

それと同様に英単語の暗記も誰も助けてくれません。
ただし、スポーツと違って英単語の暗記力はやればやるだけ確実に力になるという点です。
これはものすごく大きなことです。
頑張れば頑張った分だけ必ず自分に還元されるのです。
確実に明るい未来が待っていると確信した状況で走り出せるのです。

そしてそれさえできれば英語の点数も着々と上がり、
点数が上がるとモチベーションも高まり、
わかることが多くなり、
勉強することが苦じゃなくなり、
以前より勉強に向かうようになり、
テストの好結果に繋がるのです。

現在、英語ができない、苦手だと感じている生徒は自分自身の殻を破るところから始めよう。
そして単語をきちんと覚えることから始めよう。
いまのあなたは英語がわからないのではなく、単語がわからないだけです。
勝手に英語がわからないと勘違いしないでください。

次回は
2、文の構造、仕組みを理解していないについて解説します。

Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅲ
楽天_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅲ