勉強の習慣は小学生で身につけよう

本日は小学生の勉強の習慣についてお話します。

小学生の頃から勉強の習慣が身についている子は
中学生になってからも順当に好成績を残します。

これはその子が特別な勉強をしているからではありません。
小学生から行ってきたことを継続しているだけでテストで高得点を取ります。

しかし、うちの子「小学生のテストはよくできていたのに、中学生のテストになるとまったくで。。。」
という保護者の相談を受けることが非常に多いです。

それはなぜでしょうか?

小学校での『できる』という幅が広すぎるためです。
小学生のテストは各単元ごとに授業で学習した後すぐにテストを行うことがほとんどです。
そうすると子どもたちは習った直後なので、復習していなくても高得点を取ることが多いです。
その結果をもとに成績がつけられるので、『できる』という結果の通知票を保護者は見ることになります。

保護者は通知票でできるという欄に〇がついていると、
うちの子はできているという認識になるのも当然ですね。

ここでの問題点は何でしょうか?
『できる』という結果でしょうか?

いいえ。
違います。

ここでの大きな問題点は、子どもたちがテストに向けての勉強の準備をほとんどすることなく
点数が取れてしまっているということです。

小学生の頃は、点数に敏感に反応する子どもが多いです。
100点という結果を目にすると、
できている!!と思うのも当然です。

しかし、中学生のテストは、各学期ごとにまとまった範囲でのテストに切り替わります。

小学生の頃からテスト勉強をしなくても高得点を取り続けていた子が
いきなり中学生になったからといって、必死にテスト勉強をするようになるでしょうか?

そううまくはいきません。
テスト勉強をしなくても好結果を取り続けてきたという自信があるので、
あまり勉強に向かいません。(向かっていると思っていても向かえていません。)

つまり、冒頭でお話した通り、
「小学生の頃から勉強の習慣が身についている子は中学生になってからも順当に好成績を残します。」
という理由がわかるでしょう。

小学生の頃から、習ったことを反復している子は
中学生になっても当たり前に復習をするようになります。
テスト前になると当たり前にテスト勉強をするようになります。

当たり前のレベルに大きな差が生じているのです。

小学生の頃に勉強習慣が身についている子は中学生にスムーズに入れます。
小学生の頃から勉強する習慣を少しずつでもいいので身につけることをおすすめします。
きっと将来の財産になるでしょう。

Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅲ
楽天_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅲ