受験勉強で大切なこと

本日は受験勉強で大切なことの一つをお話します。

受験勉強で大切なことは『つまづき』にどう対応していくかだと思います。
生徒それぞれに得意教科や苦手教科があります。

つまづいたときに、
「俺はあかんねん。どうせ苦手やからできひんねん。」
「また簡単な間違いしてもうたわ。ついてへんわ。」
と考える生徒が多いですが、こういう生徒が成長するのを見たことがありません。

こういった場合は
『原点に戻って、分からないところは問題・解答を覚えるまでやりこむ』
『簡単なまちがいの原因を徹底的に考えて、次にいかす』といった方法で切り抜けることが大切です。

間違いは誰にでもあるけど、その後の対処の仕方しだいでその後に大きな違いが生まれるということです。
いいかげんなやり直しをしていると、勉強に対する考えもいい加減になり、問題を解くときにも悪影響が出るでしょう。

調子の悪いときがあるからこそ、新たな知恵も新しい発想も生まれます。
悪いときにも意味があるということを知っておいてください。

Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅲ
楽天_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅲ