高校入試 入試直前にすること

本日は中学生の高校入試直前にすることについて解説します。
入試直前に何をすればいいのかわからなくなることありますよね?
あれもこれもと色々なことに手をつけたくなるのもわかります。
しかし、入試直前にバタバタしてしまって、
ただ量だけをこなしていてはいけません。

入試直前といっても、人によって考え方は違いますので、
今回は入試二週間前と一週間前に分けて解説します。

1、入試二週間前

英語・数学・国語・理科・社会の五教科受験において、
この時期にするべき教科は『理科・社会』です。

理科と社会は二週間前でも十分に力をつけることができます。
この時期は色々なパターンの入試問題を解いて
間違えた問題を徹底的に復習しましょう。

この時期に解ける問題は本番でも解けます。
いま解けていない問題を解けるようにするために、
単元ごとに覚え直したり、類題を解いたりして力をつけましょう。

五教科の合計点で合否を決める入試においては、
理科、社会で安定して高得点を取ることが必勝法です。

残念ながら英語、数学、国語の力を短期間で急激に伸ばすのは
理科、社会と比べると難しいです。
できる問題をしっかり取れるように心がけましょう。

2、入試一週間前

入試一週間前になると、
「いよいよ入試か!」と緊張感も高まってくるでしょう。
それと同時に不安な気持ちが大きくなってくる時期です。

不安な気持ちが強くなると、あれもこれもと欲が出てきます。
しかし、入試一週間前は新しいことに取りかかるよりも、
今までやってきたことをしっかり復習する期間にしましょう。

この時期までに様々な知識を詰め込んできているはずです。
知識を詰め込むだけでは本番で点数に繋げることは難しいです。

一週間前からは『知識の整理整頓』を心がけましょう。

みなさんも家の中で物を探すことがあるでしょう?
「あれっ。ここにしまっておいたはずなんだけどな。」
「おかしいなー。」
といって見当たらないことありますよね。

テストにおいても、
頭の中に詰まっている知識を正確に引き出すことが重要です。
時間内に引き出せなければ、点数には繋がりません。

そのためにも一週間かけて
やってきたことの確認作業をしてください。

ただし注意することは
復習だからといって、ただ眺めているだけでは意味がありません。

この数学の問題はどういう解き方をしたのか。
この英語の長文問題はどこが根拠なのか。
などなど
各教科で自分が取り組んできた問題を実際にきちんと解き直すことがポイントです。

やってきたことができているなと実感し、
自信を持って本番のテストに挑みましょう。

Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B Amazon_数学のトリセツ!数学Ⅲ
楽天_数学のトリセツ!数学Ⅰ・A 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅱ・B 楽天_数学のトリセツ!数学Ⅲ